読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

《荒野に、たった1人きり》

荒野とは、一言では語りつくせない可能性のある世界のことをさします。野望を燃やす者だけがこの過酷な荒野で夢に挑むことができる。あなたも荒野のハテの景色を見ませんか?

【みんな踊らされてますw】

こんばんわーーー

 

ライジングヨースケだよ~(*´▽`)

 

 

基本的にぼくはポジティブシンキングなので

明るすぎて逆に

めんどくさいキャラ認定されてるかもしれませんね(笑)

 

このブログでの

言い回しも、独特なので

伝わりにくいこともあるでしょう。

 

でも、たくさんの方に愛読していただき

感謝してます。

日々、向上しつづけられるように

がんばりまーーーす!

 

 

てなわけで、今日もヨロシク。

 

【高度情報化社会】

 

インターネット&スマホの普及で

膨大な量の情報をわたしたちは

容易に取得することができるようになった。

 

これにともない

メディアに対するリテラシー(情報分析)について、最近は議論されている。

 

無数の情報の中で、わたしたちは

取捨選択し、判断する。

 

情報のなかには良質なものもあれば

ウソの情報もある。

 

で、ほとんどの人は情報が膨大すぎて

どれがホントでどれがウソなのか

なかには困っている人もいるだろう。

 

そこで今回は、良質な情報をとるにはどうすればいいかについて考察する。

 

【情報の定義とは??】

 

インターネット、スマホの普及で

SNSでだれでも情報が発信できるように

なった。

 

従来、テレビとかラジオしかなかった

メディアの媒体が増え

気軽に情報にふれることができるようになった。

 

しかしだれでも簡単に情報にふれ、ネットにかきこむことができるようになったがゆえに

 

中身をしろうともせず

うわべだけで判断し

テキトーなことをほざいだ記事など多数みかける。

2ちゃんねる(掲示板)には平気で芸能人の悪口や批判がつづられてる。

 

そんなふうにどーでもいい情報がネットにはあふれている。

 

しかし人はそういう悪口やマイナスの情報に目がいく。

 

それでそれを信じこむ人もいる。

愚かすぎる。

冷静に考えてみればわかることですよね。

信憑性のかけらもない。

 

 

ぼくは情報をこういうふうに定義している。

 

問い合わせのできない情報は情報じゃない!

 

だれが書いたかわからない情報なんて

なんの価値もない。

ましてや偏見や既成概念にこりかたまってる

どこの馬の骨とも知らない情報なんて。

そんな情報に踊らされる人たちってw

 

あとになって絶対、ダマサレタ!

って思いかえすことでしょう。

 

本題にある「良質な情報」にふれるには

あなたの人脈をかえること。

 

それも

信頼できる人脈。

あなたが何もしなければ

この良質な情報をもっている

人脈にはたどり着けない。

 

この人脈にたどりつくには

絶えずアンテナをはること。

そして確認すること。

 

これに尽きる。

 

 一般的に

公的機関が出す情報は社会的に

信憑性があるとされてます。

 

それは問い合わせができるからじゃないですか?

 

わからないことがあれば問い合わせれば

正確に聞き出せますよね。

 

このブログもそう。

「ライジングヨースケ」という人間が

書いてる。

わからないことがあれば

問い合わせることができる。

 

匿名という立場を利用し、詐欺行為をやるやつもいる。

 

そんなふうにして確認してとらなければ

あなたは一生、情報に踊らされます。

 

 

今の時代は情報にたくさんふれることが

大事です。

それは、あなたが時代にとりのこされないためにです。

時代はものすごい早さで進んでいるから。

 

どーでもいい情報に振り回されず

あなたがしっかりと情報をとりにいく意欲さえあれば、この時代を制することができる。

 

 くれぐれも

情報の取り方は正しく。

 クソな情報に目を向けない。

どーでもいい情報を信じない。

という心がけをして

情報にふれましょう。

 


f:id:sakasuke:20161116031543j:image

 

~おまけ~

情報に関する四字熟語があります。

街談巷説(がいだんこうせつ)です。

 

意味は、世間のいいかげんな噂のこと。

人間はうわさ話が好きですからね~

でも、真相もしらないのに

あれこれ言って得になることなんてないから

さらっとききながしましょうね!