読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

《荒野に、たった1人きり》

荒野とは、一言では語りつくせない可能性のある世界のことをさします。野望を燃やす者だけがこの過酷な荒野で夢に挑むことができる。あなたも荒野のハテの景色を見ませんか?

【早く上達するために】

おひさしぶりでーす。

 

ライジングヨースケです。

 

更新ぜんぜんしてないですね。。。

 

今月はがんばって更新しますね!


f:id:sakasuke:20161106181814j:image

 

【相談するあいてをまちがえるな!】

 

あなたがなにか新しいことを始めるとき

「うまくやっていけるかな?」という

不安になることってありますよね。

 

バイトとか、学校から出る課題とか

そぉですよね。

 

バイト初出勤の時や、初めて出る課題に

「うまくやっていけるかな?」と

 

不安になりながらも

続けてやることによって

なれて、技術を身につけていく、、、

 

そんなかんじでしょうか。

 

 

それで新しいことをやるときに

よくやってしまいがちなのは

 

相談あいてをまちがえることです。

 

例えば、あなたがゴルフをはじめたと

しましょう。

それでそのとき

はやく上達するために

 

①プロに教えてもらうか

②ゴルフをやっている友達に教えてもらう

 

どちらのほうがはやく上達すると

あなたは思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん①ですよね。

プロに教えてもらったほうが断然はやいです。

 

わからないことがあったら

その道に詳しい人にきいたほうが確実で迅速です。

 

作業も早く取りかかれるので、時短にもなります。

 

学校の課題でいうならば

「ねぇねぇ、あのレポートどうやってかいた?」

 

と友達に聞くよりも、

 

課題の出題者にきいたほうが

理解もはやいはずです。

 

これは事業をたちあげるときにも

いえます。

 

「新しい事業をたちあげようと思うんだけど」

と友達や親に相談したところで

良い答えはかえってきません。

 

「怪しい」「おまえ大丈夫か?」という

よくわからない答えがくるとおもいます。

 

相談あいてをまちがえてます。(笑)

 

もし、やろうと思ったならば

その道のプロ(時代の先をいってる人)から

教えてもらうのが一番の近道です。

 

ただし、事業に関しては現役のかたに限ります。

昔の成功者では、失敗します。

なぜかというと時代は常に変わっているから。

昔と今では時代の流れにあってないので

まちがいなくはやりません。

 

そのだけ注意すれば

成功する確率があがります。

 

 

はやく上達するためには

この方法が王道で近道だとおもいます。

 

今回、ここで覚えてほしいことは

なにごとも「現役のプロに聞くこと」です。

 

あなたが早く上達したいと思うなら

気づいて実践してほしい。

 


f:id:sakasuke:20161106190000j:image