《荒野に、たった1人きり》

荒野とは、一言では語りつくせない可能性のある世界のことをさします。野望を燃やす者だけがこの過酷な荒野で夢に挑むことができる。あなたも荒野のハテの景色を見ませんか?

「原点にもどる」

みなさん、こんにちは。

ライジングヨースケです。

この記事で20記事めです。

ここまでおつきあいくださいまして、ありがとうございます。

もっとレベルをあげて「わかりやすさ」をモットーにこれからも書きます。


よろしくお願いします(^-^)


f:id:sakasuke:20160622112546j:image


あなたは毎日同じようなシゴト(または授業)にマンネリしてしまい「つまんないな」と感じたことはありますか?


ぼくはあります。

何度おもったことやら…笑


このような経験をしている人は少なからずたくさんいるのでは?とぼくは思います。


例えば、

新学期の初めの授業。

「よし!今日からがんばるぞ!!」

と意気込んでも

だいたい1~2か月後には「授業ダルい~(笑)」っていってました。


初めは頑張ろうと思っても、最後まで続かない。

だから結果が中途半端になる。


成績表をみるたびに「もっとやっとけばよかったな…」と嘆いていました。


つくづく、継続することは大事で、明確な意志がないとできないと感じました。


そんな状況を脱却しようと、ぼくは継続するために最初に必要なものをかんがえました。


それは、「原点にもどること。


新学期は新しい環境だからこそ「頑張ろう」と意気込むけど、その環境になれてしまうと
迷い・不安がうまれる。そうなると徐々に意志が薄れて、続かない。。。


だからぼくは常に新鮮な気持ちで、挑むことが肝要だとかんがえました。


どういうときに原点にもどるのか。
それはあなたが迷ったときや困難なときです。
不安な気持ちがあるとどうしても自信は喪失していくもの。



なので、新学期の最初に
不安に駆られてもぶれない
明確な目標をたてることを推奨します。


今かんがえれば、最初にたてた目標が「がんばる!」だけだったので

目標設定の段階で間違えてたと反省しています。

なにをどうがんばるのか、考えてなくて浅はかでした。

最初の明確な目標 = 原点

になるので、原点を自分に根付かせないとぜったいに続きません。


自分のきめたゴールに最短距離でいくには
この方法しかないとぼくは思います。


もし、あなたがなんとなく生きていて
のちに後悔したという経験があるならば


いますぐに明確な目標をたてましょう。


「明確な目標」が思い浮かばなければ、
最初はやんわりとした目標でもいいです。


それからだんだんと明確化するのもアリです。


毎日を感謝してすごしましょう。

今の現状に価値を感じなかったり、不満に思っている人がこの記事を読んで、少しでも元気になっていただければ幸いです。



あなたの人生が今後、幸福になることを願って今回はこのあたりで失礼します。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
また次回お会いしましょう?

f:id:sakasuke:20160622154305j:plain