《荒野に、たった1人きり》

荒野とは、一言では語りつくせない可能性のある世界のことをさします。野望を燃やす者だけがこの過酷な荒野で夢に挑むことができる。あなたも荒野のハテの景色を見ませんか?

「あなたのシゴトはどれですか?」

みなさんこんばんは❗
ラーイージーンーグヨースケですっ!!

HEY!ベリベリハッピー??✨

いつも読んでくれて嬉しいのであります。

誰かの支えのおかげで今の自分がいることに

感謝しかありません。

いつもありがとう、みんな。


f:id:sakasuke:20160617163154j:image

さて、今回はシゴトの話です。

みなさんお気づきでしょうか。

シゴトがカタカナ表記になっていることに。


僕は、シゴトはどう働くかで6段階にわかれると考えています。

簡単にいうと、そのシゴトに対して満足しているのかしてないのか。

※この分類はぼくが上記の観点にそってつけたものなので、「なるほどね!」程度にご覧ください。



まず①つめのシゴトは「死事」。
死ぬほどがんばってはたらいてるけど、それに見あった報酬がもらえず、不満な状態をさします。

最近だとワーキングプアもここに該当しているとおもいます。

はたらいてるけど、結果的に貧乏。
死にたい。とおもってる方々はここに分類されます。




②つめのシゴトは「私事」。
わたしとは=自分のこと。
会社という組織にいながら、自分主体でひとりでなんでもシゴトをする人。

「自分が全部やる!」という積極性はあるが
ひとりでかかえこんで、結果的にオーバーフローをおこしてつらくなることもある。

オーバーフローが続くと、うつ病精神障害になる可能性が高いので、ほどほどにしてくださいね(笑)


真面目な人に多い傾向があるかなとぼくは分析します。
また、コミュニケーション不全におちいりやすいので少し注意してほしいです。



③つめのシゴトは「仕事
これがいわゆる普通のシゴトです。

上司・社長の指示をきいてたんたんと業務をこなす形態。

会社の上下関係を重んじ、たまにある飲み会やイベント事にも参加したりしてすごす、ごく普通の会社員をさします。



f:id:sakasuke:20160617180844j:image
④つめのシゴトは「師事
自分のシゴトにプラスして
部下を統率したり、教え導くのをシゴトとしている人。

③よりも責任感をもって、シゴトに臨んでる人をさします。

「師」には一般的に技芸が優れていることを意味します。

医師や技師などはまさにそうですよね。
教え方がうまく、人として尊敬される人がここに分類される条件です。


⑤つめのシゴトは「志事
④の要素をあわせもち、
シゴトをとおしてやりがいをみつけて、そこから価値をみつける。
1日1日を大切にして、目的意識が強い。
自分の個性を全面的に出し、楽しみながらやることを常にこころざす人をさします。


最後、⑥つめのシゴトは「試事
④+⑤の要素をあわせもち、それにプラスして
こうでもないあれでもないとたくさんのことを試すつまり=失敗をおそれない。
挑戦をしつづけることで、自己を高められる人。
無いものをつくり、有るものにする。
だから基本的に人に感謝され、喜ばれる。
別名を「喜事」とぼくは呼んでいます(笑)


ふぅ…長かった(笑)
なんどもいいますが、これはぼくの見解なので参考程度にしてくださいね。

f:id:sakasuke:20160617180825j:image

この分類はあなたの今のシゴトに対する「満足度」によって決まります。

そのうえで、あなたのシゴトは①~⑥の
どこに分類されたでしょうか。

今の自分をここで分類することによって、あなたの現在地がわかります。

現在地を知ることで、あなたの心意気が少し変わったのではないでしょうか。

きづいたかたもいるとおもいますが、番号があがるにつれて、シゴトに対する思いが上昇しています。

この記事をみた方は、いい機会だとおもって
いまとりくんでる「シゴト」のあり方について考えてみてはどうでしょうか。

あり方を少しかえるだけでも、気づくことはあるとおもいます。


月曜日からのシゴトに活用していただければ
幸いです。
ぜひ、やってみてください。


少々、長くなりましたが
今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
また次回お会いしましょう✨